ホーム > 活動内容と生活防衛術 > ブログ

特定非営利活動法人(NPO) いわふね地域エコセンターのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 7月18日、私の母校である小学校でEMについて授業。


 微生物の力を子供達に掴んでもらうため、色々な諺(ことわざ)や味噌の
話をしたり、微生物の力でボトルが飛んだ話などをしました。

 また、この学校では「鮭」について学んでいたので、EMによる水質浄化
と、良い水質が「鮭」をはじめ色んな生命の営みにいかに大切かを話しま
した

 IMG_2384 - コピー


 そして、EM培養の実習。皆で「EM」と「エサ」を混ぜています

 IMG_2386 - コピー



 …私の色々な話に対し、子供達から次々とでるギモン・質問。当然のこと
ですが、中学校とは違います。こないだのようにはいかず、私も内心タジタジ
でした

 いやしかし、こうでなくてはなりません。これが「小学生力」ともいうべき力で、
いつか読んだエジソンの伝記の話を思い出しました。



   


 湧きあがる「なぜ?」で先生を質問攻めにし困らせたエジソン(それも普通の
小学生の比ではなかったようです)は、ついに学校から「この子はいかれてる」
と、退学を勧められます。

 しかしエジソンの母は、普通ならエジソンを叱るところを、逆に先生を
「この子は物事を深く考えているんです。いかれてるのはそれが分からない
先生の方です。」と叱り飛ばしたそうです。


 それからエジソンの母は、息子の尽きぬ好奇心に応えるために、好きなだけ
科学実験ができる「実験室」をエジソンに与えます

 他にもエジソンは鳥の卵を拾ってきて、自分で温めてヒナが孵るかどうか
実験したり(この話は泣けます。)、かと思えば実験せいで列車を焼いて
しまったり(これはさすがにまずいですが)しながら、必要な事を自分で
学び、地頭力をもった発明王になるわけです。


   



 この日もまた、授業を通し頼もしい子供の一面を見ました。
 大分大変でしたが

 培養の時間になると、先生方のほうからも笑い声が聞こえ、培養を
楽しんでおられるではありませんか。
 この日は、私が結構話を用意してきたためにだいぶ時間オーバー
気味で…、…先生方は気を揉んでいたろうと心配でしたが、さすが先生

 …将来凄い子が出てくるかもしれませんね



 諺や味噌や歴史やら、色々と広範囲に及んだこの日の微生物の話やEMの
ことも、ひとつの探究の種にしてほしいと思います


 

 
スポンサーサイト

 20日、いつもは小学校や市民向けに講習をするのですが、
今回は中学校にEM(良い微生物の集まり)の授業をしに
行ってきました。



 IMG_2239.jpg

 微生物が凄いところを面白おかしく伝えるために、微生物の
ガスでボトルが爆発した話とか、ケフィアで物凄く若く見えた
人と出会った話をしたりとか(微生物が如何に凄い栄養を産むか)、
そういう話をしました

 彼ら中学生はさすが礼儀正しく、底抜けに元気な小学生と
接したときの清々しさとはまた別の気持ちよさがある。
 それでいて、好奇心全盛期の小学生時代の心を大きくは失って
いないので、時に眼をきらきらさせて授業を聞いてくれる。
 語彙もあるのでこちらの説明もスッと伝わり、思いも伝播しやすい。

 そういうわけで、中学校での授業は思っていたより十数倍楽しかった。



 こう…なんというか、頭・体力・好奇心すべてが良い感じで揃い、
生命が一番輝く時期。
 我々大人からすれば今時点での経験・記憶を全て持ったまま
戻りたい時代です

 人は死んで魂になると、たとい老人であっても15歳くらいの姿に
なるとどこかで聞いたことがありますが、10年ぶりに「中学校」
という場に立ってみると、なぜ死者の魂が15歳に戻るといわれて
いるのかが本当に良くわかります。

 中学校の先生もそんな「パワー」を受けてかすごく生き生きして
いましたしね





 EMの培養の実習もし、最後に腸と微生物と健康の話(腸が善玉
微生物優先であれば健康になる)をしました。

 十代中盤からは健康について色々悩みも出てくるでしょう。
 そして、私自身「中学時代はもっとこうしておけばよかった…」
みたいな思いもあり、彼らにはベストコンデションで自らの存在を考え、
有意義に若い時間を有意義に過ごしてほしいと思っていますから、
ここは力を入れました。



 この日の話を、今後色々な事を学ぶ足がかりにしたり、幸せな時間を
過ごしていくヒントにしてほしい。

 そうしてもらえれば大人として本望。 いう事はありません

 
 
 

 村上市海岸部でも4月5日まで雪が降り、

 『夏は来(き)ぬ』⇒『夏が来(こ)ぬ』になるのではないかと思いましたが、
なんとか来そうですね。 



 今日は写真を(#^.^#)


 IMG_1654 - コピー

 秋の”E級”グルメで村上地域若者サポートステーションの皆さんが
作った畑で作った野菜で作ってくださった料理を4月23日に頂いてまいり
ました。

 大根葉の油炒め豆と生姜のご飯(←特に手間が掛かっています)
そして畑で採れた野菜盛りだくさんの豆乳スープにしゃぶしゃぶ、牛乳寒天
…と全て力作です


 どれも2~3回ずつおかわりしました(#^.^#)
 サポステの皆様、本当にごちそうさまでした。
 




 春になり、また田んぼや畑が始まります。

 特にあの豆乳スープなど、キャンベルのスープ缶ような缶詰めとして
商品化され、スーパーに並んでくれないかなと思うこのごろです。





 それから、村上市役所前の花壇
例年のようにEMで土づくりをしました。

 IMG_1757 ブログ


 P1130280 ブログ

 (↑この写真は去年10月の同じ花壇の様子↑)



 ご覧くださり、ありがとうございました~

 前回、 EM生活の入り口でお知らせいたしました2月4日の
マーノマーノさんでのEM講習会、『EM生活はじめの一歩』
 


 当日は、マーノマーノの竹内さん含む5名の方が参加してくださいました
 
 参加してくださった皆様、そして会場をご提供下さった竹内さんに、
心の芯から、感謝を申し上げます





 講習風景その一、「EMとは一体何か?」↓

 IMG_1025.jpg
 
「EMは良い微生物の集まりです。その微生物には”産む力”
”食べる力”があり、どれも人間には真似ができないものです!」





 講習風景その二、「EM発酵液づくり実習」↓

IMG_1024.jpg
 
 【講習の後のEM発酵液作り。 近所の人が日曜に集まってバーベキュウを
するかのようなテンションで、EMを活用した生活に思いをはせながら、
材料を混ぜたり質疑応答をするなどし、楽しい時間を過ごした^^】





 …と、このようにとても良い講習会になりました。

 参加者の皆さんには「エコで便利」を実践しよう!という気概が満ち満ちて
いました。
 なので授業をしました私も、EMを学んできて良かったと思いました



 こんなに素晴らしい参加者の皆さんに、糖蜜と米のとぎ汁と一緒に混ぜ
られたEMたちは、

 「ああ、ぼくら(乳酸菌・酵母菌・光合成細菌…などなど)
こんなにも皆から期待され愛されているのか~。 …僕ぁ、幸せだな~」


…と微笑んでいるのではないかと思います





 それから、予告しておりましたお土産、『EM生活はじめの一歩セット』
これも大好評でした! ↓↓↓

 IMG_0960.jpg



IMG_1027kakou.jpg


 改めて中身をご紹介します

 EMW50cc
 糖蜜50cc
 計量スプーン
 じょうご
 携帯用スプレーヤー
 アクリルタワシ
(EMの培養や活用には直接関係ないが、おまけに(*^_^*))

 …それから私が作った、
 『EM生活ミニ手引き』

 が、布袋の中に入っています



 EMをはじめたい!という気持ちが湧いて来たのはいいけれど、
やってみると案外、道具が一つないだけで不便だったりします。

 そして、そのような小道具や、EM・糖蜜を全て揃えるのに、
すこしお金も、そして買い集める手間もかかります。



 そこで、気軽に試せる量のEMと糖蜜とともに、「あれば便利」という道具を
全て詰め込んだ袋、「EM生活はじめの一歩セット」を独自に作ってみたの
です
 
 小さいので、非常持出袋にも入れられます(*^_^*)





 …そんなEMセットを参加者の皆さんに、お土産としてお渡ししたところ、


 「これは売れますよ!」

 「EMをやりたそうな友達が他にも居るが、これなら紹介しやすい」



 とのお声をいただきました



 …さらにこれは後日談なのですが、私のEM講習のあと、参加者の方の中で
お友達にEMを勧めて下さった方がおられまして、そのお友達の方も、

 「これがあるなら私もやりたい」

 と仰ってくださったそうです!



 いやぁ、授業も”お土産”も予想以上の反響で嬉しかったです





 もし今後もEMセットをお求めになる声があれば、また作りたいなと思い
ます
 


 また、EM関連の各企業様からも、こうしたセットや、50cc入りのEMや
糖蜜等
が発売されて欲しい! …そのようにも思います。

 そうすれば日本で世界で、もっとEMが広がると思います。



 …もっとも、開発の上で、ライン面その他色々の問題があるかもしれ
ません。しかし、私は沢山のお店の店頭に、こうしたセットが並ぶことを
夢見ています





 …話は戻りますが、
 この日も、未来への良い種を撒けた良い一日となりました

 今日出会えた皆様と竹内さん、…それからEMに、厚く感謝申し上げたい
と思います

 村上市にEMによる清掃を広めたい!



 …という事で、私たちエコセンターは1月17日に講演会を開催しました!
 
 その名も「環境を考えた新しい掃除の方法」


 会場には村上市役所の各課の皆様や現場で清掃業務に携わっておられる
皆様、学校の校長先生も何人かお越しくださいました。そして、関川村からは
村長さんが駆けつけてくださいました!



 IMG_0788 - コピー

 本当にありがたい事です




 
 気になる講師の先生ですが、EM界ではすごおく有名な、
山上智恵子さんをお招きしました


 山上智恵子さんをご存じない方は、以前書きましたブログ、
べっぴんさんの境地をご覧くださいませ。

 このブログをお読みいただければ、数々の別世界が広がります。



 そこにある別世界的空間の数々を築き上げた、まさにそのお方が、
継続と情熱の山上智恵子さんであります



 

 IMG_0770 - コピー

 ↑講演の様子。 山上さんが語る





 まず山上さんはしっかりした人づくり・現場作りを行い、
それからEMをとりいれ、次々と施設内を綺麗にしていきました。

 べっぴんさんの境地のような空間がどんどん広がって行く
様子が、スライドと共に山上さんから語られました。



 他にも、 

 「EMの使用から3カ月、尿石が『ゴボッ』と取れた」

  とか

 「トイレや廊下の足跡汚れが消滅した」



 …などなど、驚きのお話もありました





 この講演会について、参加してくださった皆様にアンケートへのご協力
を頂きましたが、こうしたお話を受けてか、「EMを家や職場の掃除に
取り入れたい
というご意見をくださった方々が圧倒的に多く、
中でも、「トイレ掃除で試したいというご意見が大多数でした。

  

 「EMという名前は知っていて、また、それが良いものだという
事も知っているが、どう実践したらよいのか。」


 EMは広まってきましたが、このような思いをギモンを持つ方もまた、
多くいらっしゃることと思われます。


 
 しかし今回、実際にEMによる掃除で目を見張る成果を出された
山上さん本人が、その詳しい様子をお話くださいました。



 そして、村上における

「EMをやろうぜ!」

という機運をまた一段高めてくださいました







 …これからどんな未来が広がっていくのでしょう。



 すごおく便利に暮らしながら、同時に自然をいたわっている
そのような自然に生きる人間が、嬉々としながら自然に遊びに
仕事に出掛けて行く。

 そんな風景がみられる未来。



 村上に、その強力な種が撒かれたのでありました







 そして、↓ここにも弱小ながら「種を撒く男」が一人…

 IMG_0804 - コピー

 翌18日の、ある小学校での授業の様子です。


 

 子供たちはじっくりと、かつ、活発に意見を述べながら話を
聞いてくれました。

 子供達は真剣に楽しんでいるわけですから、授業をしていて
とても楽しかったです

 先生も、「メモもとりました!」と嬉しそうに仰って下さいました







 べっぴんさんの村上・日本の芽が顔を出し、茎が伸び、育つように、
皆で祈り、楽しみながら行動をしましょう

 ある意味、努力は不要です

 
  1. 管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。