ホーム > 活動内容と生活防衛術 > ブログ

特定非営利活動法人(NPO) いわふね地域エコセンターのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 もうすぐプールの時期です。

 突然ですが皆様に2択クイズを出したいと思います



 1pooljyoukyou1.jpg

 3pooljyoukyou3.jpg

 上の写真はそれぞれ違う小学校のプール掃除に関する写真です。
 どれも6月に小学校へ行き、撮影しました。
 


 では問題です


 これらのプールの写真は

 ①掃除を始める前のプールの写真だ。

 ②掃除が終わった後のプールの写真だ。



 さあ、どっちでしょう!?



 ・・・・・



 ・・・いやいや、当然ではないですか。
 まぁ多少プールの床に藻が残ってるけど、
プールの壁は綺麗になってるし、
これはどう見たってプール掃除の後の写真でしょう。

 ・・・だから正解は②だ!


 ・・・と思った方が多いはず。










 正解は①の
 「掃除を始める前のプールの写真だ。」です。





 ・・・・・・



 書き間違えではありません。




 正解は①の
 「掃除を始める前のプールの写真だ。」です。
 

 不思議な話ですよね




 
 さて、洗剤を使いブラシでこすったわけではないのに
プールがどうしてこんなに綺麗なのか。 

 
 そのタネがこちらです

 4poolemtounyuu1.jpg
 5poolemtounyuu2.jpg

 写真は私たちNPOいわふね地域エコセンターが、
あるものをプールに投入しているところです。
 




 タンクに入っているのは、EMを地元に湧き出る温泉の熱を
利用して培養した
ものです。EMとは良い微生物の集まりです

 そのEMを、400トンプールにつき、その1万~五千分の1
に量あたる40~80リットル、投入します。



 投入時期は、プールが終わった直後の9月や10月と、
初夏、プール掃除の1か月くらい前です。

 微生物にとって、汚れや藻の元になる養分などはすべてエサです。
 こうすることで、プール中の栄養や藻
微生物であるEMが事前に食べてくれるのです




 
 そしてプール掃除当日。

 水を抜いた後のプールはこうなっている、というわけです↓

 
 3pooljyoukyou3.jpg



 2pooljyoukyou2.jpg

 臭いは全くなく、壁にも緑色の藻が無いのが分かります。
 見えているのは真っ青なプールの壁の地(じ)の色だけ。

 プールの床面には分解された藻が沈殿しています。
 これらは押し流すだけで簡単になくなります。



 これで3日ほどかかるプール掃除は
1~2時間で終わります
 
 (※EM投入のプール掃除のときには完全に水を抜ききらず、
10cm前後水を残してください。
 乾いてしまうと底面に沈殿した藻の残骸が固まってしまい、
取れづらくなるからです。)





 味噌や醤油、漬物に酒粕。微生物の国、日本。
21世紀になると、プールまでも綺麗にしてしまうのですね

 

 塩素や洗剤を使わず、手間を掛けずに、プールの壁が青く澄み渡る。
そのようなプール掃除、皆さまもいかがでしょうか



 とても楽にプール掃除が出来ますし、子供たちの肌等に良いことは
言うまでもありません。






 お読みくださりありがとうございました
スポンサーサイト

 東北地方太平洋沖地震によって被災された皆様に、
心からお見舞い申し上げます。

 そして被災地に、この日本に、
より沢山の復興の力が生まれることを祈っています。








 3月15日、私たちはこのような場所を見学してきました。



4koronatorikumi3_20110323234126.jpg



 ここはトイレです。しかし、信じられないくらいトイレの臭いがしません。
 そして、金属部分のどんな細かい隙間にも腐食や汚れがありません。





5koronatorikumi4_20110323234141.jpg



 掃除用具。

 普通、雑巾やモップは使えば使うほど、掃除用具独特の臭いを発するようになります。しかしここでは清掃用具からの独特の臭いが発生しません


 このモップも沢山の汚れを掃除したはず。

 掃除をしている方も「ここの道具は結構使っている」と仰っていましたが、
鼻を近づけても全く臭いがしないのでとても驚きました!


 トイレの神様の歌が流行りましたが、こんなトイレならば心から寛ぐことが
でき、べっぴんさんにもなれそうなきがします。





 ・・・さて、ここがどこのトイレなのか気になりますね。



 ここは㈱コロナさんの施設内にあるトイレです。


 そして、コロナさんの各施設内を掃除しているのが
コロナリビングサービス㈱さんです。

 掃除にはEMを活用しています。



 2koronatorikumi1.jpg
 (全ての施設で使うEM発酵液をこの一角だけで培養している。
  洗剤を全く使わないので清掃コストも減った。)





 EMは悪玉菌の発生を抑え、様々な汚れも分解してくれます。
 だから、トイレが細部まで綺麗で掃除用具も新品のように清潔なのですね。



 噴霧されたEMは便器の隙間や人の手の届きにくい金属の隙間でも
活躍。汚れやにおいのもとを分解
してくれます。

 また、洗剤と違って、掃除し終わった後のEMはすすぎやすく、
節水にもつながります。



 コロナリビングサービス(株)で行う清掃にEMを導入した
山上智恵子さんは10年近く、EMと向き合い、時に試行錯誤しながら、
EMによる清掃を会社全体への取り組みに発展させました。


 お陰でトイレのみならず、コロナさんの施設はどこも綺麗で爽やかです。



3koronatorikumi2_20110323234052.jpg
(窓ガラスにはホコリなどが付きにくい。曇りもなくとても綺麗。)



6koronatorikumi5.jpg
(喫煙室にもEMを噴霧している。しかし、あの長年壁にしみついて
 いるかのような、喫煙室独特の臭いがしない。)





 日本はいま、震災を受け、生活環境や物資の面でも
沢山の問題が出て来ています。

 しかし、衛生環境を清潔に保ち、環境にやさしく、資源節約にもなる
EM
は、これらの問題解決の一助となるでしょう。



 今こそ、この小さくも力強いEM(有用微生物群)の力
重要ではないかと思っています。




  1. 管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。