ホーム > 活動内容と生活防衛術 > ブログ

特定非営利活動法人(NPO) いわふね地域エコセンターのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 7月18日、私の母校である小学校でEMについて授業。


 微生物の力を子供達に掴んでもらうため、色々な諺(ことわざ)や味噌の
話をしたり、微生物の力でボトルが飛んだ話などをしました。

 また、この学校では「鮭」について学んでいたので、EMによる水質浄化
と、良い水質が「鮭」をはじめ色んな生命の営みにいかに大切かを話しま
した

 IMG_2384 - コピー


 そして、EM培養の実習。皆で「EM」と「エサ」を混ぜています

 IMG_2386 - コピー



 …私の色々な話に対し、子供達から次々とでるギモン・質問。当然のこと
ですが、中学校とは違います。こないだのようにはいかず、私も内心タジタジ
でした

 いやしかし、こうでなくてはなりません。これが「小学生力」ともいうべき力で、
いつか読んだエジソンの伝記の話を思い出しました。



   


 湧きあがる「なぜ?」で先生を質問攻めにし困らせたエジソン(それも普通の
小学生の比ではなかったようです)は、ついに学校から「この子はいかれてる」
と、退学を勧められます。

 しかしエジソンの母は、普通ならエジソンを叱るところを、逆に先生を
「この子は物事を深く考えているんです。いかれてるのはそれが分からない
先生の方です。」と叱り飛ばしたそうです。


 それからエジソンの母は、息子の尽きぬ好奇心に応えるために、好きなだけ
科学実験ができる「実験室」をエジソンに与えます

 他にもエジソンは鳥の卵を拾ってきて、自分で温めてヒナが孵るかどうか
実験したり(この話は泣けます。)、かと思えば実験せいで列車を焼いて
しまったり(これはさすがにまずいですが)しながら、必要な事を自分で
学び、地頭力をもった発明王になるわけです。


   



 この日もまた、授業を通し頼もしい子供の一面を見ました。
 大分大変でしたが

 培養の時間になると、先生方のほうからも笑い声が聞こえ、培養を
楽しんでおられるではありませんか。
 この日は、私が結構話を用意してきたためにだいぶ時間オーバー
気味で…、…先生方は気を揉んでいたろうと心配でしたが、さすが先生

 …将来凄い子が出てくるかもしれませんね



 諺や味噌や歴史やら、色々と広範囲に及んだこの日の微生物の話やEMの
ことも、ひとつの探究の種にしてほしいと思います


 

 
スポンサーサイト

 村上市海岸部でも4月5日まで雪が降り、

 『夏は来(き)ぬ』⇒『夏が来(こ)ぬ』になるのではないかと思いましたが、
なんとか来そうですね。 



 今日は写真を(#^.^#)


 IMG_1654 - コピー

 秋の”E級”グルメで村上地域若者サポートステーションの皆さんが
作った畑で作った野菜で作ってくださった料理を4月23日に頂いてまいり
ました。

 大根葉の油炒め豆と生姜のご飯(←特に手間が掛かっています)
そして畑で採れた野菜盛りだくさんの豆乳スープにしゃぶしゃぶ、牛乳寒天
…と全て力作です


 どれも2~3回ずつおかわりしました(#^.^#)
 サポステの皆様、本当にごちそうさまでした。
 




 春になり、また田んぼや畑が始まります。

 特にあの豆乳スープなど、キャンベルのスープ缶ような缶詰めとして
商品化され、スーパーに並んでくれないかなと思うこのごろです。





 それから、村上市役所前の花壇
例年のようにEMで土づくりをしました。

 IMG_1757 ブログ


 P1130280 ブログ

 (↑この写真は去年10月の同じ花壇の様子↑)



 ご覧くださり、ありがとうございました~

 新潟のイタリアっぽい名前の麺や広島のお好み焼き、
沖縄の爆弾のようなおにぎりなどなど・・・

 世間ではそうしたご当地人気の食べ物が、「B級グルメ」として
楽しまれ、最近ではグランプリも開催されているようです





 …実はエコセンターからも”グルメ”が生まれていまして、
今日はそれを紹介したいと思います^^



 しかしそれは「B級グルメ」ではありません。

 私はそれを「”E級”グルメ」と呼びます。
 

 
 ……EMで育った素材のグルメですから



 P1130304 - コピー

 まずは雑煮
 
 10月14日に皆で集まって食べました


 この雑煮のモチに使われたモチ米は、Sさんという方の
田んぼでみんなで育てたEMモチ米です



 思い起こせば、


 P1100061.jpg
 
 5月、地元の小学生の皆とサポートステーションの皆さん、
エコセンターのメンバーとで田植えをし、

 
 P1120940 - コピー

 9月27日には稲刈りをしました。


 草取りも何回かやりました。(私は他の用事で行けませんでしたが





 …そして、私たちのEM米作りのために田んぼを貸してくださった
Sさんが、いつも田んぼを管理してくださっていました。









 …そうして、この雑煮は生まれたのです。



 P1130304 - コピー


 
 他にも、エコセンターの畑の大先生のEM野菜や
地鶏が入っており、とても贅沢な逸品です


 いやぁ、美味しかった



 一流の自然の甘味を具えた食材たちが、
 シャキシャキモチモチしながら口の中を踊りまわるのです





 料理をしてくれた皆様、ありがとうございました

 そして、小学生の皆さん、サポステの皆さん、Sさん、畑の大先生、
ありがとうございました!

 しあわせになりました。





 …因みにこのEM米作りをした地元の小学校でも、この
EMモチ米を”おモチ”にして食べたそうです^^







 そして「干し芋」

 P1130785 - コピー

 これは村上地域若者サポートステーションの皆さんが
エコセンター会員の方の指導の元、畑を作り、EMを使いながら育てた
サツマイモを干して作ったものです


 P1100063.jpg

 ↑芋を育てた畑を初めて耕したときの写真




 …昨日、エコセンターに分けてもらった干し芋を食べました。



 よほどしっかりと育ったのでしょう、普通の干し芋よりも少し堅く、
噛むと写真では伝えきれないくらいの甘味が口に広がりました!

 この堅さと甘さがクセになり、危うく私が一人で全部たべてしまう
ところでした



 
 




 …みんなで育て、うまれた”E級”グルメ
いかがでしたでしょうか



 この"E級"グルメ"E"、実は
EMのEだけではありません。





 輝かんばかりの”エネルギー” nergy

 ”笑顔” gao

 そして、”ええ汗” e ase (なぜか大阪弁)


 
 …そこにはいろいろな”E”が含まれているのです。





 春から秋まで、みんなで育てたEM作物。

 それは秋の実りとして、田畑に汗し、田畑に笑ったみんなに
美味しく食べられたのでした







 お読みくださり、ありがとうございました~

 9月24日、村上市市民ふれあいセンターで、前回も大変お世話になった
NPO健康サポートプラスさん主催の
「New Age Dragon」(以下”NAD”)という、子供たちの
ダンスグループの発表会がありました。



 それと一緒にフリーマーケットが開催されたのですが、エコセンターも
その時、出店や写真展示などを出させていただきました





 ↓会場内。いろいろな出店が立ち並んでいます


 1hurima1

 2hurima2.jpg

 出店者の殆どがフリマ慣れした女性の方々。
 ラックや藤籠、布を活用した各出店は、もはや”本物のお店”でした

 物を並べるにも、なんだか買いたくなる”ツボ”の様なものを心得ているし、
敷物にしても、商品と良く調和している。



 「出店」って奥が深いなと思いました



 

 ↓「負けじ」とエコセンターも出店!!・・・

 3embooth1

 ・・・

 ・・・他の出店と比べると、なんかココだけ真面目な警備員の人とかが
立ってそうですね

 しかし、ここにはエコセンターの活動とEMに関する情報
凝縮されています




 
 4embooth2.jpg

 5embooth3.jpg

 このエコセンターのコーナーにも多くの人が立ち寄り、写真を熱心に
見て下さったり、EMについて質問をしてくださったりしました。

 写真などを交え、EMがいろんな場面で活躍するという事を語ると
ますます関心を示してくれ、初めて見るにもかかわらず、
「家で使ってみる」と、EM活性液やEM原液を買って行って
くださった方もいました。



 いやぁ、うれしかったなぁ
 




 先回のイベントで授業したNADの子供達
「あ、EMだ」といいながら来てくれました。


 その子供たちの保護者の方で、先回のEM授業やEM団子作り以来
すっかりEMがツボにハマってしまい、一ヶ月余で
私もびっくりするぐらいの”EM研究家”となられた方も
来てくださいました。

 その方は私に、熱心にEMとプランター栽培について、失敗談も交え、
植物が元気になったことなどを楽しそうに語ってくださいました

 

 環境にやさしく、あらゆる場面で暮らしを豊かにするEM。

 その愛好家の方が増えるのはありがたいことです





 さて、この日のイベントのメインである、NADのダンスも見てきました



 6naddance.jpg
 
 NADの子供たちのダンス。



 たとえば体にも、ある場所に一番作用する、”ツボ”というポイントが
ありますね。

 物づくりでも、「この部分を削れば作品が綺麗になる」或いは、
「ここにワンポイントつければ可愛くなる」みたいな、ポイントとなる”場所”
あります。



 それと同じく、ある動作をすべきポイントとなる”時”があり、
「ここ!」というところで皆が思いっきり振り付けをする。

 なのでNDAの子供たちのダンスはとても綺麗なダンスでした


 ダンスに馴染みのない方でも、彼女たちのダンスを見れば
「ハイレベルだ!」と思うはずです



 「見た目は子供、ダンスは大人。その名は”New age dragon”
 ここには写真でなく、動画を貼りたいくらいです




 
 このブログを読んでいる皆様、今日はどうか
「New Age Dragon」の名を覚えて帰ってください^^




 
 ・・・そしてどこかで、エコセンターのEMのコーナーをどこかで見かけたら、
是非お立ち寄りください。
 
 肩こり解消の”ツボ”を押されたように日常生活がスッキリする、
EM活用法をお教えします







 お読みくださり、ありがとうございました
 

 三の丸記念館『おやすみ処』


 ゆったりとした空間には、所々エコを垣間見ることが出来ました。

 そして、そこでの活動もまた、エコに繋がっています。





 5sannnomaru ekogeijyuthu1


 『おやすみ処』には、市民の方が趣味で作った
 切り絵などの作品も展示されています。





 6sannnomaru ekogeijyuthu2

 例えばこちらの絵、見事な田舎の風景ですが・・・



 7sannnomaru ekogeijyuthu3

 近づいて見ると・・・



 8sannnomaru ekogeijyuthu4

 なんと、全てが古布で出来ているではありませんか!




 
 私の家にも古い布は沢山ありますが、
 生かしかたによってはこのような見事な作品になるのですね。

 ただ㌔いくらで捨てられるか、こんな風に目を楽しませる
作品に生まれ変わるか。それはまさにエコか否かの分岐点です。


 これらの絵の場合、題材が田舎の風景という事もあり、
古布がとても合っていますね





 9sannnomaru ekosyouhin1

 10sannnomaru ekosyouhin2

 11sannnomaru ekosyouhin3

 他にも『おやすみ処』では、色んな人が持ち寄った
古い布などで作った作品や、手作り布たわしマイ箸
などのエコグッズなども販売しています。

 私がお話を聞いている間にも、
趣味で描いた絵を持ち寄った方がいました。


 ここではとても自由に、自分でつくった作品や
エコな物
を置くことが出来ます。





 12sannnomaru2.jpg


 『おやすみ処』には、さまざまなクラブの人達
活動をしに来たり、子供づれのお母さんも遊びに来ます^^

 また、旅の人が休憩に立ち寄ったり、道を聞きに来たりもする、
「自由の辻」ともいえる場所です。


 観光客の人の中には、「一番地元の人としゃべれた」
といって下さった方もいたそうです^^





 そんな自由な場所だから、人がたくさん集うから、
その中に(私のように)作品に目を奪われたり
手作りエコグッズなどに興味を持つ人が居たりして、
古布を再利用して作った絵や作品は生かされるのです。

 人がいるからものが生かされる。
 「自由の辻」は「エコの辻」でもあります。






 三の丸記念館『おやすみ処』
 そこは、「エコの基本はまず人が繋がること」という基本を
再確認できた場所でもありました。







 ※三の丸記念館『おやすみ処』は、
 毎月「2」と「7」の付く日土曜日の、
 午前10:00から12:00くらいまで開いています。

 「人形様巡り」などのイベントのときは、
 日曜も開いています。
  1. 管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。