ホーム > 活動内容と生活防衛術 > ブログ

特定非営利活動法人(NPO) いわふね地域エコセンターのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 三の丸記念館『おやすみ処』


 ゆったりとした空間には、所々エコを垣間見ることが出来ました。

 そして、そこでの活動もまた、エコに繋がっています。





 5sannnomaru ekogeijyuthu1


 『おやすみ処』には、市民の方が趣味で作った
 切り絵などの作品も展示されています。





 6sannnomaru ekogeijyuthu2

 例えばこちらの絵、見事な田舎の風景ですが・・・



 7sannnomaru ekogeijyuthu3

 近づいて見ると・・・



 8sannnomaru ekogeijyuthu4

 なんと、全てが古布で出来ているではありませんか!




 
 私の家にも古い布は沢山ありますが、
 生かしかたによってはこのような見事な作品になるのですね。

 ただ㌔いくらで捨てられるか、こんな風に目を楽しませる
作品に生まれ変わるか。それはまさにエコか否かの分岐点です。


 これらの絵の場合、題材が田舎の風景という事もあり、
古布がとても合っていますね





 9sannnomaru ekosyouhin1

 10sannnomaru ekosyouhin2

 11sannnomaru ekosyouhin3

 他にも『おやすみ処』では、色んな人が持ち寄った
古い布などで作った作品や、手作り布たわしマイ箸
などのエコグッズなども販売しています。

 私がお話を聞いている間にも、
趣味で描いた絵を持ち寄った方がいました。


 ここではとても自由に、自分でつくった作品や
エコな物
を置くことが出来ます。





 12sannnomaru2.jpg


 『おやすみ処』には、さまざまなクラブの人達
活動をしに来たり、子供づれのお母さんも遊びに来ます^^

 また、旅の人が休憩に立ち寄ったり、道を聞きに来たりもする、
「自由の辻」ともいえる場所です。


 観光客の人の中には、「一番地元の人としゃべれた」
といって下さった方もいたそうです^^





 そんな自由な場所だから、人がたくさん集うから、
その中に(私のように)作品に目を奪われたり
手作りエコグッズなどに興味を持つ人が居たりして、
古布を再利用して作った絵や作品は生かされるのです。

 人がいるからものが生かされる。
 「自由の辻」は「エコの辻」でもあります。






 三の丸記念館『おやすみ処』
 そこは、「エコの基本はまず人が繋がること」という基本を
再確認できた場所でもありました。







 ※三の丸記念館『おやすみ処』は、
 毎月「2」と「7」の付く日土曜日の、
 午前10:00から12:00くらいまで開いています。

 「人形様巡り」などのイベントのときは、
 日曜も開いています。
スポンサーサイト
  1. 管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。