ホーム > 活動内容と生活防衛術 > ブログ

特定非営利活動法人(NPO) いわふね地域エコセンターのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「臭くて窓が開けられないじゃないか。」
 




 かつて、糸魚川市能生にある下水処理場には、
付近の住民の方々からこのような苦情が
寄せられていたそうです。

 特に夏場に窓が開けられないことは、さぞや
大きな悩みだったろうと思います。



 また、ひどい悪臭は処理場の職員の皆さんの
負担にもなっていました。




 
 しかし下水処理にEMを導入してからというもの、悪臭は
軽減され、苦情が無くなり、処理場の職員の皆さんも快適に
お仕事ができる下水処理場に生まれ変わったそうです。





   


 8月8日、私たちは村上市役所下水道課の方々とともに、
EMで変化を遂げた「糸魚川市 能生浄化センター」
視察してきました
 


 これがその現場です↓



 3syorijyou1.jpg

 僅かに下水処理場独特の臭いはするものの、
臭いは全くキツくありません。



 4syorijyou2.jpg

 これが処理場の排気ダクトです。

 その真下に立っても全く臭いがせず、思わず
 「おお臭くないっ
と小さく叫んでしまいました(*^_^*)






 こうした変化の陰にはとてもシンプルでいて、且つ
職員さんの工夫が盛り込まれたEMによるシステムがあります

 それを写真で見てみましょう





 1i-emutannku1.jpg

 写真奥の銀色のタンクでEMを培養しています。



 2i-emutannku2.jpg

 培養されたEMが配管を通り、外に据えられたこの黄色のタンク
貯められるように工夫されています。

 そして先の銀のタンクでまた培養をする


 そうして黄色のタンクへEMを貯めておくことで、敷地下にある
浄化槽へいつでもEMが投入できる状態になっています。



 タンクからは一本のホースが伸びています。

 写真が見えにくく申し訳ないですが、そのホースの口の下にある金網から
下が下水処理のための浄化漕で、そこへ貯めたEMを流すわけです。


 ここから毎週3000㎥の浄化槽に対し3㎥のEMを
投入しているそうです。





 ・・・かつてこの浄化センターでは、活性炭で臭気を除去しようとも、
どんなに脱臭処理をしようとも、その性能を上回る悪臭が発生したそうです。

 そして付近住民のみなさんから苦情が来るだけでなく、その臭気は
処理場に勤める職員の皆さんにも負担になっていました。


 
 今ではそれらの悩みが全くありません。臭いは脱臭対策の性能の
範囲内
で充分に収まる程度です。

 そして費用も抑えられて、且つとても安全です





   


 暮らしの一コマ一コマに、EMをはじめとする「自然の力」
仲間に加えることで、私たちの暮らしはジンワリと、安全で
快適
なものへと変化してゆきます


 
 その大規模でとても素晴らしい例がここ
「糸魚川市 能生浄化センター」ではないかなと
私は思います。





 暑い日に窓を開け、少し涼しい外の風を取り込むように、
私たちも「自然の仲間」をもっと生活に取り込もうではありませんか





 とても丁寧に説明をしてくださった浄化センターの職員の皆様
そして糸魚川までお付き合いくださった村上市下水道課の皆様
ありがとうございました





  ~ おまけ ~ 


 さいごに糸魚川の風景をご覧ください

 5omake1.jpg

 迫力のある大きな魚市場。
 巨大なタコの足のブツ切り他、色々な海の食材が集っていました
 


 6omake2.jpg

 海の見える公園。広い緑の広場から広い海を見る
開放感は何とも言えません




 


 最後までお読みくださり、ありがとうございました

 dango.jpg

 12日に皆さんと作りましたEM団子は日が経つにつれ、EMを
ベースに多様な微生物(カビも居ます)が元気に繁殖しました。



 見た目がとてもモフモフしています。
 カツオ節も有用なカビで作りますが、それと似た状態です

 ・・・この微生物が水質浄化にとても役立ちます。



 匂いを嗅ぐと、思わず鼻を近づけたくなるような、
玄米パンの様な香ばしい匂いがしました





 さて、このEM団子を7月18日[海の日]、EM団子を村上市は瀬波の
「船だまり」に投入しました


 dangonage.jpg

 エコセンターの仲間やそのお友達の方、地元漁師の方々も投入を
手伝ってくださり、あっという間にEM団子投入ができました。


 皆さんのEM団子の投げっぷりは素晴らしく、写真からも
その迫力や和気藹々さが伝わってきます



 皆さまのご参加に、感謝いたします

 7月12日、村上市勤労青少年ホーム体育館で、
EM団子づくりを決行いたしました!


 EM団子とは何かについては、下記リンク、
NPOいわふね地域エコセンターホームページ
EM団子の作り方・使い方
をご覧くださいませ





1dangodukuri.jpg

 朝9時頃、EM団子づくりが始まりました!
 写真は、皆でEM団子を作るにあたり、土やEMボカシを量っているところ。



2dangodukuri.jpg

 土やEMボカシ、EM活性液を練り混ぜ、皆で団子にします。
色んな世代、団体を越え、色んな話が飛び出しながら、和気藹々
EM団子を作る。

 毎年行っていますが、そのたびに「良い集いだよな~」と思います

 

 余談ですが、今は連続テレビ小説『お〇さま』が放映されていますね。
 この団子作りの場では、その時代がどんな時代だったのかを、ゆっくり
聞くこともできます。

 ・・・それも、その時代に「陽子」のように教師をなさっておられた方も
この中にいらっしゃるのですから、凄いことです


 
3dangodukuri.jpg

 完成したEM団子。エコセンターの加藤理事長があまりの出来栄えに、
「これは、EM団子大賞をやらねばならないな~」と言い、会場を沸かせました^^



4dangodukuri.jpg

 熟成の為、EM団子を運びました。場所はМ・Sさんが、使っていない
ビニルハウスを提供してくださいました。



 この日完成したEM団子は1225個! ”和気藹々”の力は凄いです

 その後、熱い日光があたらない様、団子に覆いをしました。



 EM団子づくりに参加してくださった皆様に、こころから感謝いたします







 ・・・さて、このEM団子ですが、7月18日の[海の日]に、
村上市の三面川に接する「船だまり」という場所に投入します。



 そして、この[海の日]のEM団子投入日本各地で、日を同じくして
決行される一大環境浄化イベント
でもあります

 「Uネット」を中心に、私たちいわふね地域エコセンターを含め、日本全国の
EMに取り組んでいる二千近くの団体が、それぞれの地元の川や海、水辺に
EM団子を投入するという、全国規模の作戦です。



 ここ村上からも、私たちが生きるために欠かすことのできない
綺麗になるように、EM団子を投入します。

 飛び入りのご参加も大歓迎です。1000時~午前中まで
行っています

 皆様、奮ってご参加ください

 





 お読みくださりありがとうございました

 7月18日の海の日、日本全国の水辺や川で、
EM団子を投入します!



 ここ村上でも、NPOいわふね地域エコセンターが中心となり、
EM団子を投入します。






 ※写真は去年7月19日海の日 村上市の船だまりという水辺の様子↓


 4tounyuu1.jpg

 海の日。皆でEM団子を投入しました。


 5tounyuu2.jpg

 別の日には、地元高校の野球部の皆さんが好投を発揮してくださいました!





 「EM団子」という言葉を初めて聞く。
 そういう方もいらっしゃることと思います。


 EM団子とは何かについては、下記リンク
NPOいわふね地域エコセンターホームページ
EM団子の作り方・使い方
をご覧ください。



 



 

 さて、EM団子の投入にあたりまして、
下記日程でEM団子づくりを行いたいと思います



 平成23年 7月12日(火)  0900時~

 村上市 勤労青少年ホーム  体育館にて
 



 地図(手書き)はこちらです↓

 6tizu.jpg






 水辺を綺麗にするEM団子。
 それを作る時間もまた楽しく、心はに帰ることができます


 水辺や海を守るぞ!という方は勿論、
童心に帰りたい方や土恋しい方
も、どうぞここにおいでください



 また、参加ご希望の方は


 0254‐52‐2492

 までご連絡ください。


  
 もちろん年齢不問です。
 お子様はもちろん、130歳以上の方でも大歓迎です!





 ひたすらに土を捏ね、丸め、楽しみましょう!





 ※去年のEM団子づくりの様子↓


 1danngosakusei1.jpg

 2danngosakusei2.jpg

 3danngosakusei3.jpg
 


 もうすぐプールの時期です。

 突然ですが皆様に2択クイズを出したいと思います



 1pooljyoukyou1.jpg

 3pooljyoukyou3.jpg

 上の写真はそれぞれ違う小学校のプール掃除に関する写真です。
 どれも6月に小学校へ行き、撮影しました。
 


 では問題です


 これらのプールの写真は

 ①掃除を始める前のプールの写真だ。

 ②掃除が終わった後のプールの写真だ。



 さあ、どっちでしょう!?



 ・・・・・



 ・・・いやいや、当然ではないですか。
 まぁ多少プールの床に藻が残ってるけど、
プールの壁は綺麗になってるし、
これはどう見たってプール掃除の後の写真でしょう。

 ・・・だから正解は②だ!


 ・・・と思った方が多いはず。










 正解は①の
 「掃除を始める前のプールの写真だ。」です。





 ・・・・・・



 書き間違えではありません。




 正解は①の
 「掃除を始める前のプールの写真だ。」です。
 

 不思議な話ですよね




 
 さて、洗剤を使いブラシでこすったわけではないのに
プールがどうしてこんなに綺麗なのか。 

 
 そのタネがこちらです

 4poolemtounyuu1.jpg
 5poolemtounyuu2.jpg

 写真は私たちNPOいわふね地域エコセンターが、
あるものをプールに投入しているところです。
 




 タンクに入っているのは、EMを地元に湧き出る温泉の熱を
利用して培養した
ものです。EMとは良い微生物の集まりです

 そのEMを、400トンプールにつき、その1万~五千分の1
に量あたる40~80リットル、投入します。



 投入時期は、プールが終わった直後の9月や10月と、
初夏、プール掃除の1か月くらい前です。

 微生物にとって、汚れや藻の元になる養分などはすべてエサです。
 こうすることで、プール中の栄養や藻
微生物であるEMが事前に食べてくれるのです




 
 そしてプール掃除当日。

 水を抜いた後のプールはこうなっている、というわけです↓

 
 3pooljyoukyou3.jpg



 2pooljyoukyou2.jpg

 臭いは全くなく、壁にも緑色の藻が無いのが分かります。
 見えているのは真っ青なプールの壁の地(じ)の色だけ。

 プールの床面には分解された藻が沈殿しています。
 これらは押し流すだけで簡単になくなります。



 これで3日ほどかかるプール掃除は
1~2時間で終わります
 
 (※EM投入のプール掃除のときには完全に水を抜ききらず、
10cm前後水を残してください。
 乾いてしまうと底面に沈殿した藻の残骸が固まってしまい、
取れづらくなるからです。)





 味噌や醤油、漬物に酒粕。微生物の国、日本。
21世紀になると、プールまでも綺麗にしてしまうのですね

 

 塩素や洗剤を使わず、手間を掛けずに、プールの壁が青く澄み渡る。
そのようなプール掃除、皆さまもいかがでしょうか



 とても楽にプール掃除が出来ますし、子供たちの肌等に良いことは
言うまでもありません。






 お読みくださりありがとうございました
  1. 管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。